全身脱毛にかかる費用

全身脱毛って一体どのぐらいの費用がかかるのでしょうか。

 

脱毛の経験がある方に聞いてみると、数百円の初回限定キャンペーンでワキの脱毛を済ませた後に足や腕の施術を受けるケースが多い印象でした。

 

 

ワキと両足両腕でトータル5万円〜8万円ほどの費用がかかっているようです。

 

では、全身脱毛の場合ではどのぐらいの費用がかかるのかチェックしていきましょう!

 

脱毛サロンで全身脱毛をした場合の費用

脱毛サロンで全身脱毛をする場合、同じサロンの同じ脱毛マシンであっても月額制か回数制かで料金が異なることがあります。

 

 

月額制が毎月定額を支払って脱毛するのに対し、回数制は6回・12回・18回などの決まった回数を契約し先に料金を支払います。

 

分割払いに対応している脱毛サロンもあるようですが、ほとんどは一括払い。一括での支払いが負担になる方はクレジットカードの分割払いやリボ払いを選んでいるようです。

 

 

個人差はありますが全身脱毛卒業までの目安は18回といわれているので、18回通った場合の料金を比較してみましょう。

 

ミュゼ全身脱毛コース 18回/351,086円(税込)

ミュゼには全身脱毛コースの他に、人気の部位を組み合わせができる全身脱毛コースライトや12プランから選べる全身脱毛バリューがあります。

 

キレイモ全身脱毛パック 18回/313,956円(税込)

キレイモは月額プランの全身脱毛が人気ですがお得なのはパックプランです。パックプランは月額プランと違いシェービング代がかかりません。

 

銀座カラーの全身脱毛し放題は295,000円、シースリー全身美肌脱毛一生通い放題コースは290,000円となっています。

 

とてもお得で人気もありますが、脱毛し放題や通い放題でも2ヶ月毎という縛りがあったり、1回で全身施術する場合はさらに費用がかかったりする場合があります。

 

 

脱毛サロンによって条件が異なる場合もありますが、脱毛卒業の目安とされる18回通った場合トータル30万円前後かかるのが一般的です。

 

できるだけ安く全身脱毛をしたい方はこまめにキャンペーン情報をチェックしたり、学割やペア割のある脱毛サロンを選んだりすると費用を抑えることができますよ!

 

 

 

 

医療脱毛で全身脱毛をした場合の費用

美容外科や美容皮膚科で行われている全身脱毛は、脱毛サロンよりも強力な医療レーザーを照射するため少ない回数で卒業できるケースがほとんどのようです。

 

 

また、医師が在籍しているので痛みに弱い方は麻酔を使ってもらえる、万が一ヤケドなどのトラブルが生じた際に的確な治療を受けられるというメリットがあります。

 

しかしトータルでかかる費用は脱毛サロンよりも高くなります。医療脱毛は病気の治療ではありませんから保険はききません。

 

 

湘南美容外科クリニック全身脱毛 9回/600,210円(税込)

初診料0円、テスト照射0円、解約手数料0円!脱毛にかかる料金だけで通うことが出来ます。

 

新宿御苑美容クリニック全身脱毛 6回/453,600円(税込)

脱毛サロンのように上半身、下半身、部位ごとなどのコースが用意されています。

品川美容外科の学割やアリシア美容皮膚科の平日限定価格のように、脱毛サロンのようなキャンペーンを打ち出している医療脱毛も増えてきています。

 

しかし医療脱毛は費用がかかるのがネックです。

 

 

お顔やVIOも含めると100万円近い費用がかかることも!それでも一昔前の医療脱毛よりも手が出る価格になってきているのだそうです。

 

 

光やレーザーを用いた脱毛は、毛根のメラニンに反応して照射されるため白髪の脱毛はできません。

 

最近は人気が無く施術を行っていないクリニックもありますが、医療針脱毛(ニードル脱毛)なら白髪や乳輪の他タトゥーがある部位も脱毛が可能!

 

 

ただし、高額で1本500〜700円ほどかかります。
痛みが強く費用と時間がかかるため一般的にはニードル脱毛で全身施術することはありません。

 

もしニードル脱毛で全身脱毛をした場合は500〜600万円ほどかかるといわれています。

 

 

全身脱毛は施術費の他にもお金がかかる?

最近は入会金や年会費がかかる脱毛サロンは見かけなくなりましたが、脱毛にかかる施術費の他にお金がかかることも!

 

脱毛サロンによっては事前のシェービングが有料のところがありますし、脱毛サロンへ通うために交通費がかかりますよね。

 

また、同じサロンの支店であっても契約店以外の店舗に移動すると手数料がかかる脱毛サロンもあります。

 

 

このように施術費以外の必要経費は、1回ごとの金額はわずかでも通い続けると思いのほか大きな金額になりますからチェックしておくと安心です。

 

VIO用の使い捨てショーツ

脱毛サロンではVIOを施術する際は使い捨ての紙ショーツを無料で用意してくれることがほとんど。

 

ショーツを少しずつずらしたり切ったりしながら光を照射していきます。

 

 

しかし中にはショーツをずらされると落ち着かないという理由から、ずらす必要の無いTバックタイプの使い捨てショーツを持参する方もいるそうです。

 

使い捨てショーツは楽天市場やAmazonで1,000円前後で入手することができます。

 

セルフ用のシェーバー

事前に自宅でシェービングを済ませる場合はかみそりやシェーバーが必要になります。

 

一般的なT字かみそりでもかまいませんが、脱毛をしてもしばらくはむだ毛が生えてきますから肌に優しいものを選んでください。

 

 

私の場合、ワキの施術をした時は4回目ぐらいから弱々しい薄い毛になり、2,000円程度の眉・顔そり用電気シェーバーで十分お手入れができました。

 

キャンセル料

最近はキャンセル料がかからない脱毛サロンが増えてきているようです。

 

ただし、当日キャンセルの場合は返金されなかったり1回分として消化されたりしますから、予定が変わったらすぐにキャンセルの手続きをしましょう。

 

初診料やカウンセリング料

医療脱毛の場合、美容外科や美容皮膚科に通いますから初診料や診察費用が発生することがあります。

 

脱毛状況によっては麻酔代やお薬代がかかることもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

 

脱毛サロンの場合は無料カウンセリングがほとんど!カウンセリングでお試し体験ができるサロンもあるので、脱毛効果や痛みの度合いを知りたい方はぜひ利用してみてくださいね。

 

分割手数料

クレジットカードで分割払いを選ぶと分割手数料がかかります。
脱毛サロンや医療脱毛の回数制(パックプラン)は一括で支払うと高額になるので分割払いを利用する方が多いようです。

 

分割手数料はクレジットカードによって異なります。心配な方は事前に確認しておきましょう。

 

 

全身脱毛サロン 立川 - トップページ