デリケートゾーンの脱毛について詳しく教えて!

ここ数年でデリケートゾーンの脱毛をはじめる人が増えているのをご存知ですか?

 

一般的にVIO脱毛と呼ばれ脱毛サロンのコースに組み込まれていることもあります。

 

デリケートな部分だけに恥ずかしいのでは?痛みが強いのでは?と気になって脱毛に踏み切れない方も多いようです。

 

 

そこで、脱毛サロンでのデリケートゾーンの施術方法をメインにメリットやデメリットについて私の経験を交えながらお話します。

 

 

VIO脱毛ってハイジニーナ脱毛とは違うの?

脱毛サロンではデリケートゾーンの脱毛を「VIO脱毛」や「Sパーツ」という取り扱いで施術が行われています。

 

全身脱毛コースならVIOが含まれていることがほとんど!

 

VIOはデリケートゾーンのむだ毛が生える部位のことを指します。
  • Vライン→ビキニライン
  • Iライン→陰部の両側
  • Oライン→肛門周辺

 

カウンセリングでスタッフと相談して好みのVラインの形に整えることができますし、Iラインは薄くするだけでOKという希望を伝えることもできます。

 

VIO全てのむだ毛をまったく無い状態に脱毛することをハイジニーナといいます。

 

 

ミュゼの美容脱毛完了コースならVIOも満足いくまで施術を受けることができますからハイジニーナを希望する方でも費用を気にせずに通うことができます。

 

 

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしくないの!?

多くの脱毛サロンでは使い捨ての紙パンツを履きます。

 

少しずつ紙パンツをずらしながら照射していくのでデリケートゾーン丸出しってことはありませんからご安心ください。

 

また、アイマスクやタオルで目元を覆ってくれるのでスタッフの方と目が合って気まずいなんてこともありません。

 

 

Vラインの施術は仰向けになって行います。特に恥ずかしさを感じることはありません。

 

Iラインの施術は、仰向けになって片足を横に倒します。命のポーズのようなイメージで、人によっては恥ずかしさを感じるかもしれません。

 

Oラインの施術は、四つん這いになるサロンと横向きに寝てお尻を突き出すポーズになるサロンがあります。

 

四つん這いは恥ずかしいですがヒップの奥までしっかり脱毛できます。サロンによってはうつぶせに寝てヒップを広げるように施術を行うこともあるようです。

 

 

デリケートゾーンの脱毛はすごく痛いんでしょ?

痛いです。私の場合Vラインは我慢できるレベルでしたがIラインは飛び上がるほど痛かった!激しくしびれるような痛みで、VIO脱毛の契約を後悔しながら耐えていました。

 

OラインはIラインよりもむだ毛が少ないからか想像していたよりも痛くはありませんでした。

 

何回か通うと痛みに慣れてきて大騒ぎするような痛さを感じることなく施術を受けられるようになりました。

 

 

VIOの脱毛はもともとの体毛の濃さや色素沈着の程度などで痛みの感じ方の差が大きいそうです。

 

痛みが苦手な方は、痛みを軽減した国産脱毛マシンを導入しているキレイモラ・ヴォーグがおすすめです。

 

 

美容外科や美容皮膚科で行われている医療脱毛は笑気ガスや麻酔クリームを使って痛みを軽くすることができます。

 

笑気ガスも麻酔クリームも脱毛費用とは別に2,000〜3,000円かかるようです。

 

また麻酔クリームは効果が現れるまで30分ほど待たなければならないのに麻酔効果はイマイチだったというレビューや、麻酔クリームに含まれる油分が脱毛器の熱に反応してヤケドになりやすいという専門家の見解もあります。

 

 

デリケートゾーン脱毛のメリットとデメリット

 

デリケートゾーン脱毛のメリット

  • 生理中のかぶれや蒸れが改善された
  • 水着や下着からはみ出すむだ毛が気にならない
  • 自己処理後の不快なチクチクがなくなる
  • 見た目がきれいになって温泉でも堂々とできる
  • セックスの感度が増す

いずれも女性にとって大きなメリットですよね。

 

やはりなんといっても生理中の不快感が軽減されるのはうれしいです。
一般的に50歳前後で閉経を迎えるとされていますから、早いうちにVIO脱毛をしておくほど不快な期間を減らすことができます。

 

 

脱毛サロンでVラインのお手入れされてが済むと水着や下着からはみ出す心配がなくなって、かわいい水着や大胆な下着を楽しむことができます。

 

メイクやネイルは完璧でもはみ出したむだ毛があったらせっかくおしゃれしても台無し!デリケートゾーンの脱毛は女性の身だしなみとしてもおすすめです。

 

 

意外なメリットとしてはセックスの感度が増すことが挙げられます。

 

もじゃもじゃな部分が無くなってダイレクトに愛撫を感じられたり、見られるのが嫌だったむだ毛がすっきりすることで開放感が生まれたりすることが関係しているようです。

 

 

デリケートゾーン脱毛のデメリット

  • 生理ナプキンが張り付くようになった
  • 温泉で恥ずかしい

クッションになっていたIラインのむだ毛がなくなることで生理ナプキンが張り付くような感覚になることがあります。

 

私もVIO脱毛の6回目ぐらいから生理ナプキンがくっついている?と思うようになりましたが実際には張り付いているのではなく、むだ毛が無くなって感覚が鋭くなっているだけだとわかりすぐに慣れました。

 

 

VIOのむだ毛が全くないハイジニーナだと、同性であっても温泉でじろじろ見られて恥ずかしいと感じることがあるようです。

 

仰向けに寝転がって入れる浴槽で足を開いてしまうと局部が丸見えになってしまうかもしれませんね。

 

温泉の洗い場ではタオルで隠す、湯船では局部が見えないように配慮するといった工夫をするとよさそうです。

 

 

デリケートゾーンの脱毛はデメリットよりもメリットを感じる方のほうが圧倒的に多いです。
痛みや恥ずかしさはありますがそれは初めの数回だけ!私は思い切ってVIO脱毛にチャレンジして快適になったのでやってよかったと思っています。

 

 

立川の全身脱毛 - トップページ