脱毛サロンに通っているのに毛深くなる!?というウワサの真相

むだ毛は剃ると濃くなるというウワサは誰でも一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

 

このウワサのせいか、脱毛サロンに通って逆に体毛が濃くなったらどうしようと心配している方がいたので、実際のところはどうなのか詳しく調べてみました!

 

 

むだ毛は剃ると濃くなるって本当?

むだ毛をカミソリで剃るとだんだん濃くなるというウワサに医学的な根拠はないそうです。ただ、実際にむだ毛を剃って濃くなったと感じる方がいるのは事実!

 

では、なぜむだ毛を剃ると濃くなったように見えてしまうのでしょうか。

 

剃った毛の断面が太いから

自然に生えている体毛は皮膚に近い部分が太く先に向かうほど細くなっているので毛を剃ると肌表面の太い部分が残ってしまいます。
太い部分の断面がそのまま伸びてくるため濃くなったように見えるのです。

 

毛抜きで抜いた場合は先が細い毛が生えてきてだんだん太く成長していきます。しかし毛抜きで抜くと皮膚の中で毛が成長する埋没毛になりやすいためおすすめできません。

 

成長期は特に濃くなったように感じる

むだ毛が気になりはじめる10代は陰部やワキに毛が生えてくる時期。
ホルモンの関係で体毛が濃くなりはじめます。この頃にむだ毛を剃ってもどんどん生えてきますから濃くなったよう感じます。

 

まだ脱毛の知識に乏しく間違ったお手入れを繰り返してしまう子が多いようです。肌荒れを起こしてしまったり埋没毛や毛嚢炎になったりするので、むやみに剃らないように注意しましょう。

 

この2つがむだ毛を剃ると濃くなったように見える理由です。

もしむだ毛を剃ると濃くなるのであれば、毎日ヒゲを剃る男性はおじいさんになる頃にはものすごく濃くなってしまうことになります。

 

毛穴の数は生まれた時から決まっていて、剃ったときの毛の断面が太く見えたり成長期や妊娠・出産などのきっかけで濃く見えたりすることがあることを覚えておきましょう。

 

脱毛サロンで施術を受けた後に濃くなったように見えるのも、剃った後のむだ毛の断面が太く見えるからなのだそうです。

 

 

シェービングを行ってくれる脱毛サロンもありますが、基本的には施術を受ける前に自宅で自己処理をする必要があります。

 

光やレーザーはむだ毛の黒い色素(メラニン)に反応して照射されます。長いむだ毛が残っていると光やレーザーが必要以上に照射されてヤケドになってしまう恐れがあるからです。

 

 

毛根に光やレーザーが照射されると、剃った部分の毛が少しずつ伸びて10日ほど経つとするする抜けてきます。この抜けるまでの期間は、剃った毛の断面が伸びてくるため一時的に濃くなったように見えることがあります。

 

何度か施術を受けると生えてくる毛が細く弱々しくなってきます。自己処理をしてむだ毛が濃くなったなと感じるのは脱毛の初期の段階だけですからご安心ください。

 

 

脱毛に通っているのに毛深くなっている気がする!

脱毛サロンに通っているのに濃くなったなと感じたら、もしかしたらホルモンバランスが乱れているのかもしれません。

 

 

ホルモンバランスが乱れていると毛深くなることがあるそうです。
男性ホルモン優勢で分泌されていると口の周りのうぶ毛がヒゲのように濃くなってきたり、胸やお腹周りにも男性のように生えてきたりすることがあるそうです。

 

婦人科の看護師さんの話では、卵巣の病気を疑う時は血液検査やエコーも行うけど体毛の濃さもチェックするよということでした。

 

 

生理不順、肥満、毛深くなるといった症状が現れるPCO(多嚢胞性卵巣症候群)が発覚した後でも、ホルモン濃度をコントロールする薬を飲みながら脱毛サロンや医療脱毛に通うことはできるそうです。

 

 

また病気が原因で体毛が濃くなっている場合は医療脱毛に健康保険が適用されるケースがあるようです。

 

しかし残念ながら私が調べた範囲では、PCO(多嚢胞性卵巣症候群)と診断されて保険適用で医療脱毛を受けた事例を見つけることができませんでした。

 

 

もしお悩みであれば婦人科と美容外科が併設されている大学病院(都内なら杏林大学病院、北里大学北里研究所病院、東京大学附属病院など)でご相談されることをおすすめします。

 

卵巣の病気以外では、バランスの悪い食生活や睡眠不足で生活リズムが乱れるとホルモンバランスが乱れることがあるといわれています。

 

強いストレスが続くと自律神経のバランスもみだれて生理不順を引き起こすことも指摘されています。

 

 

脱毛に通う前から生理不順や体毛の濃さが気になっている場合は、脱毛に通うよりも婦人科の受診を優先してくださいね。

 

 

剃った毛が生えてくるのが嫌ならニードル脱毛!

自己処理した後一時的に体毛が濃く見えるのが絶対に許せない!!という方は医療針脱毛(ニードル脱毛)を受けるしかないかもしれませんね。

 

光やレーザーを用いた脱毛は施術前に自己処理でお手入れする必要がありますが、ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつに針を刺すためむだ毛を残しておく必要があります。

 

またニードル脱毛は毛根に直接針を刺し細胞を破壊するため二度と生えてこない脱毛として知られています。

 

 

つまり、光やレーザーのように毎回自己処理で一時的に体毛が濃く見えるようなことがない脱毛方法といえるのです。

 

しかし、ニードル脱毛を行っている施設が少ない、かなりの痛みを伴う、時間と費用がかかるといったデメリットがありますからあまりおすすめできません。

 

全身脱毛 立川でおすすめ - トップページ