妊娠中に脱毛が出来ない理由とは?

妊娠中に新規で脱毛サロンや医療脱毛に通おうとする方は少ないと思われますが、契約直後や次回の予約を入れた後に妊娠に気づくことはあるかもしれません。

 

しかし、脱毛サロンでも医療脱毛でも妊娠中の施術は断られてしまいます。

 

赤ちゃんに悪影響があるから脱毛できないの?流産の可能性があるから?といった疑問にお答えするため、妊娠中に脱毛ができない理由をまとめました。

 

ホルモンバランスで体毛の生え方が変わる

妊娠したら体毛が濃くなった、出産後髪の毛がごっそり抜けたという経験談を耳にしたことはありませんか?

 

これは妊娠・出産によって女性ホルモンのバランスが変化することが影響しています。

 

妊娠初期から安定期を迎える前にママの体からは大量の男性ホルモンが分泌されます。

 

この大量の男性ホルモンに胎児が暴露することを俗にアンドロゲンシャワーと呼びます。胎児が男の子の場合陰茎や睾丸の形成に欠かせないものなんだそうです。

 

 

しかしママは女性ですからアンドロゲンが増えると、体毛が濃くなってしまうことがあるそうです。

 

毛の量が増える訳ではなく、もともと生えている毛が濃くたくましくなるだけなのでホルモンバランスが妊娠前の状態に戻ると濃く感じた体毛も元に戻るといわれています。

 

 

また、妊娠中に維持されていたエストロゲンやプロゲステロンといったホルモンは産後急速に減少します。

 

エストロゲンやプロゲステロンは髪の毛の成長を促す作用があるため、減少することで髪が抜けてしまうと考えられています。

 

 

このように妊娠や出産に関係しているホルモンは体毛にも影響しているため、脱毛施術を受けても期待するような脱毛効果が得られないことが妊娠中に脱毛できない理由のひとつです。

 

 

ホルモンバランスの変化で肌が敏感になる

妊娠すると今まで使っていた化粧品が急に合わなくなるような敏感肌に傾く方が多いようです。

 

これも体毛と同様にプロゲステロンとエストロゲンといったホルモンバランスの変化が関係しているとされています。

 

 

重いつわりで食事が摂れなかったり睡眠不足になったりすると自律神経のバランスが乱れて肌が敏感になることもあるようです。

 

 

このようなことから、妊娠前は問題なく使えていた脱毛サロンのジェルやローションに刺激を感じたり、今まで何のトラブルが無くても照射による刺激で炎症を起こしたりする心配があるため妊娠中の脱毛は控えたほうが良いとされています。

 

 

妊娠に気づかず施術を受けてしまった!

妊娠前から脱毛サロンや医療脱毛に通っていると、妊娠に気づかずに脱毛施術を受けてしまうことがあります。

 

 

脱毛に使われるレーザーや光は毛根のメラニンに反応して照射されます。

 

仮にお腹周りの施術を受けたとしても赤ちゃんがいる子宮まで届くことはありませんからご安心ください。

 

 

脱毛サロンや医療脱毛に通っている途中で妊娠に気づいたら、すぐに休止の手続きを済ませましょう。

 

 

月額制プランで脱毛を受けている場合はそのまま中断することができるケースがほとんど。

 

回数制のパックプランは施術できる期間を過ぎてしまうと施術を受けることができなくなってしまうので申し出ましょう。

 

 

キレイモのパックプランは2年延長保証がついていますから期限内に再開すればお金を無駄にすることがありません。リリエット・ブランジェはなんと無期限保証付き!妊娠や出産でしばらく通えなくなっても契約した回数分は無期限で施術を受けることができます。

 

 

妊娠を希望している場合は、保証期間の長さで脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。

 

医療脱毛も保証期間や返金制度を設けていることがほとんどなので施術前によく確認しておきましょう。

 

 

授乳中に脱毛サロンに通うことはできる?

出産後しばらくして落ち着いたら脱毛を再開しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

 

ほとんどの脱毛サロンや医療脱毛は授乳中の施術は原則行っていないようです。

 

これは脱毛の光やレーザーが母乳に悪影響を与えるからではありません。授乳中に分泌されるホルモンが関係しているからです。

 

 

妊娠前のホルモンバランスと違い授乳中は母乳を作り出すプロラクチン、乳腺を発達させて母乳を送り出すオキシトシンといったホルモンが分泌されています。

 

プロラクチンの作用が強いときはエストロゲンの作用が弱くなっていることから発毛サイクルが乱れることがあるそうです。

 

 

また、授乳中は赤ちゃんの夜泣きで寝不足になったり、やたらとお腹がすいて食事のリズムが崩れたりする時期でもあります。

 

このような不規則な生活リズムが続くと、自律神経のバランスが崩れて敏感肌に傾いてしまうことがあります。

 

脱毛の光やレーザーが刺激になってしまう可能性があることも覚えておきましょう。

 

 

ホルモンの影響による発毛サイクルの乱れや外部の刺激を感じやすい時期であることを配慮して授乳中の施術を断るところが多いと考えられます。

 

ではいつになったら脱毛を再開できるのかと気になりますよね。

 

 

脱毛サロンや医療脱毛の考え方で差があるため、脱毛を再開できる期間が異なるのが実情です。

いくつかの脱毛サロンの再開できる期間を調べてみました
  • ミュゼ

    出産・授乳を終え、生理が2〜3回以上きてからお手入れ再開可能。

  • 銀座カラー

    生理が来て体調が安定してから再開できる。ただし、ワキ・胸・乳輪周りは、授乳期間が終了してからの再開。

  • エピレ

    出産後3ヶ月以降から可能。授乳中はワキ、胸、乳輪周りの脱毛コースはできない。

  •  

  • ジェイエステティック

    出産後、生理が一度順調に来ていれば、脱毛を行うことは可能。

  • TBC

    授乳中は一部のコースはお休み。ワキの脱毛は授乳期間が終了してから可能。

 

断乳や卒乳の時期はママの都合や赤ちゃんの成長によって大きな差がありますが、1〜1年半ほどで授乳期間を終える方が多いようです。

 

つまり妊娠期間も含めると約2年間ほど脱毛をお休みすることになります。
母乳育児を希望している場合は計画的に脱毛施術を受けるようにしましょう。

 

立川の全身脱毛サロン一覧 - トップページ